赤ちゃんの英語はいつから始めるのがよい?

最近では英語教育の実施がかなり低年齢化してきているのをご存知ですか?以前よりも国際化が進み、英語の必要性が増してきている現在、将来的に英語が出来ることが前提の時代になってくるかもしれません。ですが、大きくなればなるほど英語を習得することはかなり難しくなってきます。そこで、小さなころから英語を始めることで今後の英語教育に対してどのようなメリットがあるのか、またいつから始めるとより効果が期待できるのか調べてみました。

赤ちゃんの持っている能力

赤ちゃんは耳が柔らかいと言います。パパやママの声は勿論、日常生活の音や音楽など様々な音から刺激を受けます。そのため英語のCDなどを流すことは、自然と英語の音を正しく受け入れることができ、今後の英語教育において効果的だと言われています。

早く英語を習うことのメリット

英語を本当に正しく聞きとることが出来る年齢には限度があるとされています。大体10歳頃にはすでにネイティブな発音を聞きとることが難しくなってくるようです。ですので、それ以前からネイティブな英語の発音を聞かせておくことは、英語能力に関して良い影響を与えることがわかります。英語教育が低年齢化している理由もその1つでしょう。早くから英語に親しみを持つような環境を与え、継続的に耳を慣れさせることで今後の英語能力に大きな成果が期待出来ます。

赤ちゃんの頃から始められる英語

赤ちゃんに英語を勉強させることはありません。あくまで英語に親しむ環境を整えることを大事にしましょう。英語の歌を流したり、親が楽しく歌って聞かせてあげたりすることは、生まれてすぐの赤ちゃんから始めることが出来ます。英語の絵本の読み聞かせなどもいいですね。何歳から始めるというよりも、赤ちゃんの頃から日常生活に少しでも英語が使われている環境を取り入れ、子供の成長を見て徐々に英語教室などの習い事を考えてみてはどうでしょうか。

始めるのが早ければ早いほど英語に対する抵抗はなくなり、その後スムーズに英語を習得していける場合が多いようですが、何事も継続が大切です。普段の生活の中でも上手く英語を取り入れて、生活の一部として英語に慣れさせることが最も効果的だと思われます。ただ、あまり高度なことを要求したり、出来ないことをしかったりすると英語が嫌いになってしまったり逆効果になることもあります。無理なく親子で楽しむことを第一に取り組んでいくことが、最も英語を継続的に慣れさせることのできる近道になるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ