何歳からがベスト?子供の英会話のはじめどき

子供が小さいうちから英会話を習わせたいという親御さんが年々増えているようで、どの子供のお稽古事ランキングでも「スイミング」「ピアノ」と並んで「英会話」は上位にランクインしています。
また小学校においても、平成23年度から5年生と6年生で年間35単位時間の「外国語活動」が必修化されました。近い将来さらに低年齢化し3年生から英語教育を導入するとも言われていますので、早くから英会話教室に通わせ英語に慣れさせたいと思うのも当然かもしれません。
そこでこちらでは「幼児期から始める英会話」についてのさまざまな意見をご紹介しましょう。

英会話は早いうちからしないとダメ?

では実際に子供と英会話について、親御さん達はどのように考えているのでしょうか。
幼い子供を持つ親のあいだでは「子供に何を習わせるか」がとても話題となっていて、特に英会話はスイミングやピアノに比べて賛否両論、さまざまな意見がありますので、こちらでは賛成派、反対派両方の意見をご紹介します。

させている・させたい賛成派

・小さい頃から耳を慣らしておくと英語を勉強し始めた時にすんなりと受け入れられるから。
・きれいな発音が身につくのは幼児期だけと聞いたから。
・幼児期から英語教材を使っていた子が、小学校入学までに簡単な英会話ができるようになったと聞いて。
・体験レッスンに行ったら楽しそうだったので続けている。
・将来絶対に必要になるし、実際自分が出来なくて困っているから。

させていない・させない反対派

・結局続けなければムダになるから今はしない。
・ネイティブの英会話教室でなければ意味がないけど、そこは月謝が高額で経済的に無理。
・英会話は、本人がやる気になって勉強してこそ身につくものだと思う。
・日常英会話程度なら大きくなってから始めてもなんとかなる。
・今は英会話以上にやるべきこと(母国語の取得や、生活習慣、思い切り体を使って遊ぶなど)があるはずだからしない

幼児期の英会話の必要性は?

確かに何事もやらないよりやった方がいいはずですので、時間的、経済的に余裕があれば家庭教材なり、英会話スクールなりで英会話を始めてもいいでしょう。
でも親御さんにそんな余裕はなかったり、本人があまり乗り気でなく、興味がないようであれば今無理に始める必要はないのかもしれません。
結局、英会話を早くからさせた方がいいか、そうでないかの答えはありませんので、親の早くから始めないと出遅れるという思いこみや、エゴを押し付けるような形で「やらせる」必要はないのです。
まずはお子さんをよく見て、今始めるのがいいのかをきちんと見極めてあげることが一番大切なことなのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ