英会話スクール?英語教材?子どもにはどっちがいい?

小さいうちから英語に慣れさせたいけど、スクールに通ったらいいか、自宅で教材などを使って始めたらいいか迷ってしまうという親御さんも少なくないでしょう。
そこでこちらでは英会話教室と、英語教材のメリット・デメリットと、気になる費用について比較してみたいと思います。

クチコミからみたメリットとデメリットとは

◆英会話教室

《メリット》
・幼児期から生の英語に触れると、英語はもちろん、異文化にも自然と慣れることができる。
・グループレッスンなどで、英語でのコミュニケーションに仕方などを体験でき、自然な日常英会話が身につく。
・先生が1人1人の成長を見極め、きちんとステップアップし、今必要なことを習得させてくれる。
《デメリット》
・決まった曜日や時間に行かなくてはならない。
・一度入会すると簡単にはやめにくく、継続することが大事なので、合う教室をきちんと見極めないとならない。

◆英語教材

《メリット》
・自宅で都合の良い時間にできたり、親御さんや子どものペースに合わせて進めることが出来る。
・無料のサンプルなどをお試しして、その中から子どもの反応が一番良いものを選ぶことが出来る。
・持ち歩きができる教材などもあるので、お出かけ時にも気楽に楽しく学ぶこともできる。
《デメリット》
・親御さんが一緒にしないといけないので、その時間が取れないと子どもも続かない可能性がある。
・いつでもできるが、その半面ずっとやらなくなってしまうということも考えられる。
・かなり高額な金額を一括で支払わなければならない教材もある。

ちなみにいくらくらい?費用を比較してみよう
子どものためとは言ってもやはり金額は気になるところ。
そこでこちらではそれぞれのよく選ばれているというものをいくつかピックアップして比較しました。選ばれる際のご参考までにご覧ください。(料金は2014年8月現在)

◆英会話教室の月謝

1.ミネルヴァ
 0~2歳(ベビー・イングリッシュ)・・・月2回:3,800円、月3回:5,700円
 3歳~小学校6年生(ベーシック)・・・8,000円(週1回)
2.ヤマハ英語教室
0歳・・・月1回:2,000円(税抜)、月2回:3,500円(税抜)
1歳・・・月2回:3,500円(税抜)、月3回:4,500円(税抜)
2・3歳・・・4,500円(税抜/月3回)
4・5歳・・・6,500円(税抜/年間42回)
3.イーオンこども英会話
1・2歳(ベビークラス)・・・日本人講師6,696円/外国人講師7,992円(週1回)
3~6歳(幼児クラス)・・・日本人講師8,640円/外国人講師10,368円(週1回)
  *料金は横浜本校を参考にしています

いずれも別途入会金・施設費・教材費などがかかる場合もあり、料金は一概にいくらとは言えません。
また、レッスン時間や内容も異なりますので比較はとても難しいですが、中には15,000円ほどする教室やコースなどもあります。

◆英語教材にかかる費用

1.アルクのエンジェルコース・・・28,188円(会員価格)
2.ディズニー英語システム・・・139,000円~883,440円(会員価格)
3.ワールドワイドキッズ・・・0歳:226,800円/1歳以上:194,400円
4.こどもちゃれんじ English・・・3,204~3,736円(毎月払い/会員価格)
5.えいごであそぼプラネット・・・セットコース91,800円(1コースなら48,600円)

特に一括で高額の教材を購入する場合はよく検討しなくてはなりません。また続けられるかあまり自信がないという方は、いつでも辞めることが出来る定期コースなどで、様子をみながら始めてみるというのもひとつの方法です。

教室に通うにしても、自宅でするにしても、それぞれに良いところと、そうでないところがあり、料金も様々です。
どんな方法が合うかも人それぞれですので、体験レッスンや無料サンプルなどをうまく利用して、まずは子どもが一番楽しそうに英語に触れているのはどれかを見つけてみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ